ずさんな「ハゲタカ誌」使用を防げ 学術会議がコンソーシアム設立を提言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハゲタカジャーナルのずさんさを証明するため、米国の研究者が科学的に意味のない文章をコンピューターで作成し、2014年に投稿した論文
ハゲタカジャーナルのずさんさを証明するため、米国の研究者が科学的に意味のない文章をコンピューターで作成し、2014年に投稿した論文

 掲載料を目的にずさんな審査で論文を掲載するインターネット専用の粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」(ハゲタカ誌)が増えている問題で、科学者の代表機関・日本学術会議が、研究者間で情報共有し、使用を防ぐため、国内外の大学や研究機関などによるコンソーシアム(共同事業体)を設立すべきだとの提言を公表した。学術会議がハゲタカ誌に関する態度を明確にしたのは初めて。

 ハゲタカ誌はネット上で公開されている無料の学術誌で、近年急増している。特徴は、別の研究者による論文の審査(査読)が不十分▽著名な研究者を編集委員として無許可で記載▽出版社の所在地が不明▽健全な学術誌との識別が難しい――などとされる。著者が掲載料を払えば論文がそのまま載るケースもある。

 研究者は、研究…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文895文字)

あわせて読みたい

注目の特集