メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

食品の包装紙などに書かれている栄養成分表示はどのように、はかっているのですか?

食品成分データベース
包装に表示された5つの栄養成分。100グラム当たりだけでなく、1個包装当たりも記載されています

[PR]

 Q 食品しょくひん包装ほうそうなどにかれている栄養成分表示えいようせいぶんひょうじはどのように、はかっているのですか?(兵庫県ひょうごけんちゅう3)

食品しょくひん使つかって測定そくてい 計算けいさんする方法ほうほう

 A 2015ねんがつ、「食品表示法しょくひんひょうじほう」というあたらしい法律ほうりつ使つかわれはじめました。食品しょくひんにかかわる事業者じぎょうしゃたいして、原則げんそくとして、すべての一般いっぱん加工食品かこうしょくひんなどに栄養えいよう成分せいぶん表示ひょうじ義務ぎむづけました。食品しょくひん包装ほうそうやパッケージに「栄養成分表示えいようせいぶんひょうじ」を記載きさいする必要ひつようがあります。5ねんかん準備期間じゅんびきかんて、今年ことしがつから完全かんぜん義務ぎむされました。

 表示ひょうじ方法ほうほうにはまりがあります。かならず「エネルギー(熱量ねつりょう)」「たんぱくしつ」「脂質ししつ」「炭水化物たんすいかぶつ」「ナトリウム」のいつつを表示ひょうじし、記載きさいする順番じゅんばんまっています。ナトリウムは「食塩しょくえん相当そうとうりょう」で表示ひょうじします。これらの表示ひょうじ製品せいひんえらぶのに役立やくだちます。

 このほか、食物繊維しょくもつせんい糖質とうしつ、ビタミンなどの栄養えいよう成分せいぶんは、表示ひょうじしたい事業者じぎょうしゃ記載きさいします。

 これらの数値すうちはどうやって調しらべているのでしょう。

 消費者庁しょうひしゃちょう事業者じぎょうしゃけの指針ししんでは、実際じっさい食品しょくひん使つかって栄養えいよう成分せいぶん数値すうち測定そくてい分析ぶんせきする方法ほうほうや、データベースを使つかって計算けいさんする方法ほうほうしめしています。

 分析ぶんせきでは、食品しょくひんをミキサーなどでこまかくくだいて使つかいますが、栄養えいよう成分せいぶんによって調しらべる方法ほうほうちがいます。たとえば、たんぱくしつ場合ばあい直接ちょくせつはかるのではなく、たんぱくしつふくまれる窒素ちっそりょう調しらべます。食品しょくひんによってちがいますが、一般的いっぱんてき窒素ちっそりょうはたんぱくしつの16%とされています。食品しょくひんふくまれる窒素ちっそりょう調しらべ、窒素ちっそりょうに6・25の係数けいすうをかけて、たんぱくしつりょうもとめます。

 ナトリウムの場合ばあいは、うす塩酸えんさんなどを使つかって食品しょくひんからナトリウムをし、装置そうちなどを使つかってそのりょうをはかります。脂質ししつ場合ばあいは、食品しょくひんから測定そくていする方法ほうほうがいろいろあり、食品しょくひん特性とくせいわせて使つかけます。こうした測定そくてい分析ぶんせきは、事業者じぎょうしゃ自分じぶんおこな場合ばあいもあれば、専門せんもん会社かいしゃなどにたのむこともあります。

 計算けいさんもとめる場合ばあいは、くに役所やくしょ文部科学省もんぶかがくしょうの「日本食品標準成分表にほんしょくひんひょうじゅんせいぶんひょう2015ねんばん」のデータや、原材料げんざいりょうメーカーから入手にゅうしゅしたすうなどを使つかいます。たとえば、サンドイッチの材料ざいりょうが、しょくパン60グラム、バター10グラム、マヨネーズ10グラム、トマト30グラム、キュウリ10グラムとします。食品しょくひん標準ひょうじゅん成分せいぶんひょうには材料ざいりょうとなる食品しょくひんそれぞれの100グラムあたりのエネルギーや栄養えいよう成分せいぶんりょういてあります。この数字すうじ使つかって、サンドイッチのエネルギーや栄養えいよう成分せいぶんりょう計算けいさんします。食品しょくひん標準ひょうじゅん成分せいぶんひょうにはたくさんの食品しょくひん栄養えいよう成分せいぶんっていて、インターネットで検索けんさくもできます。【木谷朋子きたにともこ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです