メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由』木之下徹・著

◆『認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由 5000人を診てわかったほんとうの話』木之下徹・著(講談社+α新書/税別880円)

 認知症の家族を介護していて、「なぜ同じことを何度も聞いて(言って)くるのか」に悩まされたことがない人はいないはず。本書でも例として挙げられているが、医師が診察しているさなかにも、「きょうは天気がいい」などまったく関係のない話ばかりを繰り返すので、医師より家族が辟易(へきえき)したりする。

 なぜイライラするのかと言えば、覚えているはずだという思い込みがあるからだ。この大きな誤解を解いてくれるのが第3章。介護者は認知症患者に対し「すぐ忘れる」と感じ、そのことを指摘したりする。しかし、認知症患者の本当の病理は「記憶しづらい」こと。覚えていないモノを「忘れた」と言われても、忘れたわけではないのだから、理不尽だし苦痛でしかない。むしろ家族が「覚えていない」と「忘れた」とを区別し、「覚えてい…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです