連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

もう一つの負の遺産=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「またか」とあきれているだけではいけない。自民党の杉田水脈衆院議員が党の会合で、女性への暴力や性犯罪の問題に関連し「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したという。

 女性の被害相談にはうそがあると言いたげな暴言である。杉田氏は、自らの性暴力被害を公表したジャーナリストの伊藤詩織さんを「女として落ち度があった」等々と批判してきた一人だ。今回の発言も伊藤さんが念頭にあると感じたのは私だけではないだろう。

 ところが、杉田氏は直後に発言を否定し、議論は立ち止まっている。「言った」「言わない」でうやむやにするつもりだろうか。自分の考えを説明したいのなら、きちんと記者会見すればいいと思うが、この人はそれもしない。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文938文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集