メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

もう一つの負の遺産=与良正男

 「またか」とあきれているだけではいけない。自民党の杉田水脈衆院議員が党の会合で、女性への暴力や性犯罪の問題に関連し「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したという。

 女性の被害相談にはうそがあると言いたげな暴言である。杉田氏は、自らの性暴力被害を公表したジャーナリストの伊藤詩織さんを「女として落ち度があった」等々と批判してきた一人だ。今回の発言も伊藤さんが念頭にあると感じたのは私だけではないだろう。

 ところが、杉田氏は直後に発言を否定し、議論は立ち止まっている。「言った」「言わない」でうやむやにするつもりだろうか。自分の考えを説明したいのなら、きちんと記者会見すればいいと思うが、この人はそれもしない。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです