メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

柴咲コウ ドラマ「35歳の少女」時岡望美役 生きている実感求め

日本テレビ系ドラマ「35歳の少女」に主演する女優の柴咲コウさん=東京都江東区で2020年8月27日、西夏生撮影

ドラマ「35歳の少女」時岡望美役(日本テレビ系=土曜午後10時、10月10日スタート)

 脚本は「女王の教室」「家政婦のミタ」などの話題作を生んできた遊川和彦のオリジナル。「○○妻」から5年半ぶりに遊川とタッグを組む。「いろんな個人がいるはずなのに、それを認め合わない社会に怒りにも似た思いがすごくある方。それが作品にうまく落とし込まれていて、毎回面白いなあと思っています」

 「○○妻」で演じたのは東山紀之演じるニュースキャスターの「契約妻」役だった。彼女が結婚を拒み「契約」にこだわったのは、若い時に自分の子を育児放棄で死なせた過去があったから。過去を知られ非難を浴び、苦悩する夫婦の姿が描かれた。「弱者の生きづらさだったり、非難される苦しさを、演じていて突きつけられるところがあった。でも生きていると、実はそういうことって多い。そういうところが共感できるのかも」と遊川脚…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです