メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ労災685件「全て認定」 医療・介護従事者以外も基準緩和

 仕事をして新型コロナウイルスに感染した人からの労働者災害補償保険(労災保険)の申請が9月下旬で1300件を超え、厚生労働省は審査を終えた685件をいずれも労災に認定した。全国的な感染拡大に伴い、認定基準が緩和されたことが背景にあるが、脳・心臓疾患による労災の場合、申請に対する認定率は3割程度。「全て認定」は異例の対応だ。突出して高い認定率の背後にある事情とは。

 厚労省によると、新型コロナに関する労災申請件数は25日時点で1304件。半数超の685件で審査を終え、いずれも労災と認定された。医療従事者からの申請が1035件、認定が582件で大半を占める。7~8月にかけて急増した感染者による申請はこれからで、認定件数もさらに増える見込みだ。

 労災認定されると、治療費は全額が労災保険から支給されて自己負担がゼロとなる。補償が手厚い分、認定までは本来厳しいハードルを設けている。大前提として「仕事によって生じた」ことが欠かせない。具体的には、病気やけがの場合、まず「仕事中に起きた」((1)、業務遂行性)ことと、「仕事が原因である」((2)、業務起因性)――の2要件を満たすことが必要となる。

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです