メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基準地価 商業地3年ぶり下落 コロナによる経済停滞で /北海道

36年連続北海道内で最高値の商業地、札幌市中央区北3西2-1-13=札幌市中央区で2020年9月26日、山下智恵撮影

 道は29日、道内の基準地価(7月1日時点)を発表した。新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の停滞の影響で、大幅な地価上昇が続いていた倶知安町や札幌市でも上昇幅が狭まり、商業地の変動率はマイナス0・4%で3年ぶりの下落。住宅地はマイナス0・5%と23年連続で下落した。

 最も上昇したのは商業地は倶知安町北1西2の18(上昇率32%)で、住宅地が同町樺山65の132外(同29・2%)。外国人の別荘地やホテル需要の高まりで大幅な上昇が近年続いており、今年もいずれも全国3位の高い伸びを示した。ただ、新型コロナウイルス感染拡大による経済停滞の影響で、昨年の上昇幅(共に66・7%)からは大幅に縮小した。

 商業地、住宅地ともに地価の上昇が続く札幌市では、商業地で36年連続で最も高い札幌市中央区北3西2の1の13(NC北専北三条ビル)も上昇率は昨年の20%から、今年は8・2%に縮小。市全体の変動率は6・6%(前年11%)と減少し、住宅地は変動率6・1%と昨年と同じだった。価格水準が高い中央区の中心部から近隣地区へ、需要が分散し始めている。

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです