暴行隠蔽でうつ病 大和の教諭が賠償求め町、県提訴 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 同僚教諭から暴行を受けた後、校長らが事件を隠蔽(いんぺい)しようとしたことでうつ病になったとして、大和町立大和中の40代男性教諭と妻が29日、町や県に計約1億600万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

 訴状によると、男性は2011年9月、中学校の職員室で、50代の男性教諭に胸ぐらをつかまれて揺すられるなどして、頸椎(けいつい)を捻挫した。その…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集