メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基準地価 28年連続の下落 コロナ影響 下げ幅全国最大 /岐阜

岐阜県高山市奥飛驒温泉郷平湯は、基準地価で全国一の下落率となった=大竹禎之撮影

 県は29日、県内360地点の基準地価(7月1日現在)を発表した。うち前年と比較可能な宅地348地点(住宅地、商業地、工業地)の平均変動率(全国平均0・6%減)は2・0%下落し、下落率は全都道府県の中で最大だった。経済圏をともにする名古屋市で新型コロナウイルスの感染が急拡大したほか、県が4~5月に「特定警戒都道府県」に指定されたことも、他県より地価を押し下げる要因となった。1993年以降28年連続の下落で、下落幅は昨年比で0・8ポイント拡大。1平方メートル当たりの平均価格は同300円減の4万5100円だった。特に観光客数が落ち込んだ高山市奥飛驒温泉郷平湯家上が9・3%下落。下落率は全国の商業地5152地点で最大だった。県内348地点のうち下落は320地点、横ばいは23地点、上昇は5地点だった。【黒詰拓也、大竹禎之】

この記事は有料記事です。

残り2191文字(全文2553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです