メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

基準地価 12年連続で下落 コロナ影響で需要低迷 /静岡

22年連続で県内最高価格地点になった商業地=静岡市葵区呉服町2で2020年9月24日午後4時21分、山田英之撮影

 県土地対策課は29日、県内の610地点の基準地価(7月1日現在)を公表した。住宅地、商業地、工業地の平均変動率は12年連続で下落した。新型コロナウイルス感染症の影響を受けて需要が低迷したため、下落幅が広がった。住環境のよい住宅地、収益性の向上が期待される中心商業地、高速道路インターチェンジ(IC)周辺の工業地など一部で上昇した地点もあった。【山田英之】

 県全体の平均変動率は住宅地がマイナス1・6%、商業地がマイナス1・7%、工業地が0・9%、林地がマイナス1・5%。いずれも前年よりも下落幅が拡大した。

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです