メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ドンフアン」遺産 情報開示巡り 田辺市に異議申し立て 市民オンブズ /和歌山

 「紀州のドンフアン」と呼ばれ2018年5月に死亡した田辺市の会社社長、野崎幸助さん(当時77歳)の遺産の受け取りを巡り、田辺市の情報開示が不十分だとして、市民オンブズマンわかやまの畑中正好事務局長が29日、同市に異議申し立てを行った。

 遺産を巡っては、「全財産を田辺市に寄付する」などと記された野崎さんのものとされる遺言書が見つかっている。遺産は総額約13億2000万円と田辺市が発表し、市は受…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです