メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風景を歩く

紀州東照宮 抵抗と藩固めの象徴 /和歌山

頼宣の家臣たちが積み上げた侍坂と呼ばれる108段の石段。一段踏むごとに煩悩が一つ消えるらしい=和歌山市和歌浦西2で

 「東照宮」と名のつく神社は全国に50近くあるそうだが、「東照」の意味について、東で照っているお宮さんなのか、東を照らしているお宮さんなのか分からなかった。

 随筆家の白洲正子は徳川家康と比叡山との濃密な関係性を踏まえて、「関東一円に光をもたらす守護神として、“東照”の名をえらんだのであろう」と『近江山河抄』に書いている。それでも分かりにくいので、紀州東照宮の祢宜(ねぎ)さんに伺ってみると、東方から全国をあまねく照らす意味だと教えられて、なるほどと納得した。

 紀州東照宮は初代紀州藩主、徳川頼宣がおのずから足をはこび、ここ権現山の中腹に決めたという。侍坂(さむらいざか)と呼ばれる急峻(きゅうしゅん)な石段を登りつめ、楼門を背にしてふりかえると、眼下に広がる和歌浦が清々(すがすが)しかった。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです