メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

菅外交の非連続性=古賀攻

 <sui-setsu>

 菅義偉首相が海外首脳と次々に電話協議を重ねている。就任あいさつが主目的とはいえ、半月で11人はかなりのハイペースだ。

 国際場裏の古株だった安倍晋三前首相の後継者だけに、外交の世界で早く知名度を上げたいとの思いが本人にはあるのだろう。

 そんな菅さんの「経済・外交」担当の首相補佐官になったのが、阿達雅志参院議員(61)だ。

 現在3人いる首相補佐官のうち2人は前内閣からの再任で、新任はこの人だけ。住友商事の社員時代に米ニューヨーク州の弁護士資格を取り、米国人弁護士の東京事務所で勤務した経歴を持つ。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  3. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです