メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ、視覚障害者生活脅かす 「マスクだと盲導犬への指示困難」

西武鉄道のイベントでサポートを受ける男性と盲導犬=2017年4月(日本盲導犬協会提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大で盲導犬を使う視覚障害者にも生活上の支障が出ていることが、日本盲導犬協会の意識調査で判明した。人との距離を取る環境やマスク着用で不便を感じる障害者の窮状が明らかになった。

 協会は5~6月、緊急事態宣言などの影響を調べるため、31都府県の盲導犬利用者262人に電話で聞き取りをした。その結果、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を取る中で「買い物の際に店員に援助を依頼しにくい」「周りの人との距離感がつかみにくい」といった声が寄せられた。

 また、マスクを着用することで「風が感じられないので状況が把握しづらい」「盲導犬に指示が伝わりにくい」との回答もあった。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです