メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最期は家」コロナで増 病院面会制限、立ち会えず

患者の自宅で訪問診療をする石垣泰則医師=東京都内で9月(提供写真)

 新型コロナウイルスの影響で、自宅での看取(みと)りを検討する人が増えている。感染拡大防止のため病院や介護施設などで面会制限が広がり、最期の時間に立ち会えないケースが多くなっているためだ。いつかは来る「その時」をどう迎えるか。予期せぬ感染症が、死生観を見つめ直すきっかけにもなっている。

 「母にとって、私たちにとっても自宅で看取ったことはよかったと思う」

 今年6月、89歳の母を看取った愛知県内の女性(68)は穏やかな声で振り返った。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アクセス 「妊娠順」園長が決定 保育士「子供ができてすみません」 美容業界でも出産年齢指示 治部れんげさんの話

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです