佐賀・武雄市が押印廃止へ 市民提出書類、10月中にも全部署に指示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
印鑑廃止の方針を示した武雄市の小松市長=佐賀県武雄市で2020年9月29日、竹林静撮影
印鑑廃止の方針を示した武雄市の小松市長=佐賀県武雄市で2020年9月29日、竹林静撮影

 佐賀県武雄市の小松政市長は29日、市民が市に提出する各種書類への押印を可能な限り廃止すると発表した。押印の必要性を問う市民の声は以前からあったといい、小松市長は「何よりも市民の負担軽減につなげたい」と強調。県内市町で廃止の表明は初めてとみられ、10月中にも全部署に指示を出す方針。

 河野太郎行政改革・規制改革担当相が全省庁に対し、行政手続きで印鑑を使用しないよう求めたことを受け、29日の定例記…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集