メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エアアジア、事業見直しを検討 コロナで旅客急減、継続断念も

 新型コロナウイルスの流行で閑散とした中部空港に駐機するエアアジア・ジャパンの機体=9月30日

[PR]

 格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)が、事業継続の断念や運航の長期休止など、事業の見直しを検討していることが30日、分かった。新型コロナウイルス流行で旅客が急減し、経営が悪化していた。

 同社は、マレーシアのLCC「エアアジア」のグループ会社。中部空港を拠点とし、札幌、仙台、福岡と中部を結ぶ国内3路線と台北―中部の国際線の計4路線を展開している。

 新型コロナの影響で今春に全便を運休し、8月から国内線を再開したが、需要が戻らず10月から再び全便を運休する方針を明らかにしていた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです