メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5G 楽天が低価格路線 競争激化へ 月額2980円、狭いエリアに課題

第5世代通信規格「5G」サービスについて説明する楽天の三木谷浩史社長=オンライン記者会見の配信映像から

 楽天は30日、傘下の楽天モバイルが手がける携帯電話事業で第5世代通信規格「5G」のサービス提供を始めた。料金体系は現行の「4G」の料金プランと同じ月額2980円(税別)で、自社回線のエリア内ではデータ使い放題。NTTドコモなど大手3社の料金の半額以下となる。今後の普及が見込まれる5Gでも楽天が低価格路線を打ち出したことで、価格競争が進むか注目される。

 「携帯電話料金を下げようということがナショナルムーブメント(国の動き)、大きなテーマになっている。やはり安くて分かりやすいのが一番だ」。楽天の三木谷浩史社長は同日、オンラインでの記者会見でこう強調した。

 今年3月末に5Gサービスを開始した大手3社の大容量プランは、4Gより500~1000円高い月額7000~8000円台。楽天は、…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです