メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス、サーカスの動物利用禁止へ「新たな時代を開く時」

フランス南部カンヌ近郊の水族館で、ショーを披露するイルカ=2016年3月(ロイター=共同)

[PR]

 フランスのポンピリ環境相は29日、記者会見し、動物福祉の観点から、移動型サーカスでの野生動物の利用や、施設でショーを行うイルカやシャチの飼育を一定期間かけて禁止する方針を発表した。

 欧州では動物にできるだけ苦痛を与えるべきではないとの考えが広まりつつあり、既に欧州約20カ国がサーカスでの野生動物の利用を禁止・制限している。ポンピリ氏は「動物との関係で新たな時代を開く時だ」と訴えた。

 サーカスでは町から町への移動が動物に苦痛を与えるとされる。政府は移動型のサーカスに限り、数年間かけて禁止する考えだ。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです