メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連総会で北朝鮮大使「自衛的戦争抑止力あるから安全守れる」 核保有必要との認識示す

北朝鮮の国旗=ゲッティ

[PR]

 北朝鮮の金星(キムソン)国連大使は9月29日、国連総会で一般討論演説を行った。金氏は「自衛的な戦争抑止力があるからこそ、朝鮮半島で平和と安全が堅固に守られている」と表明。戦争抑止のための核保有が必要だとの認識を示した。昨年とは異なり、米国との非核化交渉についての言及はなかった。

 金氏は数十年間にわたる努力にもかかわらず、「我が共和国に対する核の脅威は依然としてあり、敵対行為がやんでいない」と指摘。「戦争自体を抑制できる絶対的な力を持ってこそ、平和を守ることができる」と述べた。国連を中心とした対北制裁に関しては、「社会主義経済の建設に総力を集中させている。その実現につながる対外的環境が必要なことは事実だが、命のように守ってきた尊厳を売ることはできない」と反論。制裁緩和のために核を放棄するつもりはないことを示唆した。【ソウル渋江千春】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです