メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏「史上最高の経済」 バイデン氏「より貧しく暴力的に」 非難合戦に終始

米大統領選のテレビ討論会に臨むバイデン前副大統領(右)とトランプ大統領=中西部オハイオ州クリーブランドで29日、AP

 11月3日の米大統領選に向けた、共和党候補のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)との第1回テレビ討論会が9月29日、中西部オハイオ州クリーブランドで開かれた。互いに大統領としての資質を否定し合ってきた両者による初の直接対決で、新型コロナウイルスへの対応や経済運営を巡り、激しい非難合戦を繰り広げた。

 トランプ氏が「私は誰よりも成果を上げ、史上最高の経済を作った」と述べ、軍の再建や保守派の連邦裁判事の指名を政権1期目の実績に挙げたのに対し、バイデン氏は「この大統領のもとで我々はより病弱になり、より貧しくなり、より暴力的になった」と語った。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです