メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車取り締まりは自転車で 特化チーム「疾風」発足 和歌山西署

自転車の取り締まりに出発する疾風のメンバー=和歌山西署で2020年9月29日午前10時14分、木村綾撮影

[PR]

 増加傾向にある自転車事故を防ごうと、和歌山西署が29日、自転車の交通指導や取り締まりに特化したチーム「疾風」を発足させた。自転車に乗った署員が、通勤や登下校で自転車が増える朝夕を中心に通学路などを巡回する。

 同署によると、管内で1~7月に起きた人身事故125件のうち、自転車が関係した事故は31件(25%)。前年同期は137件中28件(20%)で、自転車事故の件数も割合も増加傾向にあるという。

 疾風は交通課の署員が担う。専用の自転車3台で指導・取り締まりにより力を入れる。島泰弘署長は「自転車は手軽で便利な反面、乗り方次第では交通事故の被害者にも加害者にもなる。事故抑止に向けて最善をつくしてほしい」とチームに期待した。【木村綾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです