メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開成高校で「なりすまし登校」 入試合格生徒とは別の少年が授業に 教諭ら気付かず

開成中学・高等学校=東京都荒川区西日暮里で

[PR]

 東京大の合格者数で全国1位が続く私立開成高校(東京都荒川区)で、今年2月の入試に合格した男子生徒とは別の少年が、男子生徒に代わって9月まで「なりすまし登校」をしていたことが30日、高校側への取材で分かった。同校は男子生徒を除籍とし、少年を「出入り禁止」処分にした。

 高校を運営する開成学園によると、入試は2月10日に実施され、5教科の試験ごとにマスクを外した受験生の顔と受験票の顔写真を試験官が照合した。同月16日の合格者説明会でも同様にチェックし、いずれも同じ男子生徒だったという。

 新型コロナウイルスの影響で3月以降は登校自粛となり、遠隔授業が続いた。6月29日から対面授業が再開すると、男子生徒ではなく少年が登校。7月上旬の期末テストを経て夏休みに入り、9月8日に再び授業が始まってからも少年が通った。教諭らは別人とは気付かなかったという。

 通常4月に届く出身中学から学習状況などを引き継ぐ「指導要録」が届いていなかった。高校が中学に確認したところ、既に他校へ送ったと回答があり、登校していた少年らへの確認で「なりすまし」が発覚した。男子生徒と少年の関係や、どちらが遠隔授業を受けていたかについて、鷲崎義之・開成学園事務長は「ノーコメント」としている。

 鷲崎事務長は「再発防止のため指導要録の管理を徹底する。新型コロナがなければ4月には確認できたことであり、普通の年なら起きなかったはずだ」と話した。【千脇康平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  4. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです