さよならメトロ食堂街、半世紀の歴史に幕 東京・新宿駅西口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
各店の前には別れを惜しむ人たちの行列ができていた=東京都新宿区で2020年9月30日午後2時47分、南茂芽育撮影
各店の前には別れを惜しむ人たちの行列ができていた=東京都新宿区で2020年9月30日午後2時47分、南茂芽育撮影

 東京・新宿駅西口の「メトロ食堂街」が30日、ほとんどの店舗で営業を終え、半世紀の歴史に幕を閉じた。通勤・通学や買い物客たちのおなかを満たした、立ち食いそば店やフルーツパーラーなどの憩いの場。最後の日も「昭和の味」を懐かしむ人でにぎわった。

 メトロ食堂街は1966年オープン。当時の高級料理だった天ぷらや洋食のほか、そばや和菓子など多様な飲食店が並び、人気を博した。十数店舗が営業しているが、周辺の再…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集