メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「声を上げられない人を救う制度につながれば」 原告は歓喜 福島原発集団訴訟

判決後の報告集会で拳を突き上げる服部浩幸さん=仙台市青葉区で2020年9月30日午後4時48分、和田大典撮影

 東京電力福島第1原発事故を巡り、東電に加えて国の責任も2審で初めて認めた30日の仙台高裁判決。福島地裁への提訴から約7年半と長い闘いの末に勝ち取った司法判断に、原告らは涙を流して喜んだ。

 午後2時ごろ、仙台高裁101号法廷。上田哲裁判長が判決主文を読み上げると、国の責任を認定する内容に弁護団や原告団は何度もうなずきあった。閉廷後、原告団長の中島孝さん(64)=福島県相馬市=が大きな拍手をし、傍聴席からは「おめでとう!」の声が掛けられた。高裁前では「勝訴」の垂れ幕が掲げられ、集まった原告の中には歓声を上げ、目に涙を浮かべる人もいた。

 原告は福島県や隣県に住む約3600人。原発事故で仕事や住まい、家庭生活、地域とのつながりを奪われた。そんな怒りを込め、「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」とのスローガンを掲げ、国や東電の責任を問うてきた。

 2013年3月の提訴時から原告団事務局長を務める服部浩幸さん(51)は、原発か…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです