香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
香取慎吾さん
香取慎吾さん

 元SMAPの香取慎吾さん(43)が、来年1月スタートのテレビ東京系連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(月曜午後10時)に主演する。テレビ東京が発表した。香取さんのテレビの連続ドラマ出演は「家族ノカタチ」(TBS系、2016年)以来、5年ぶり。

 香取さんは、アマゾンプライムビデオで9月から配信されているドラマ「誰かが、見ている」で主演しているが、テレビドラマの出演は16年末のSMAP解散後、初となる。テレビ東京のドラマ出演は「あぶない少年Ⅲ」(1988年)以来、33年ぶりという。

 同作は、「バイプレイヤーズ」などの話題作を手がけた同局の濱谷晃一プロデューサーのオリジナル企画。現在、社会問題となっているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の誹謗(ひぼう)中傷問題に焦点を当て、匿名性の高いネット上で引き起こされるキーボードによる殺人(=指殺人)を捜査する刑事を描くサスペンスドラマだ。タイトルの「アノニマス」は英語で「匿名」を意味する。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1087文字)

あわせて読みたい

注目の特集