メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正代、大関昇進決定「至誠一貫の精神で相撲道にまい進」

大関昇進の伝達を受ける正代(中央)と枝川親方(右)ら=東京都墨田区の時津風部屋で2020年9月30日(代表撮影)

[PR]

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇・正代(28)=本名・正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一致で決めた。正代は伝達式で「謹んでお受けいたします。大関の名に恥じぬよう、至誠一貫の精神で相撲道にまい進してまいります」と口上を述べた。

 協会の使者として、鏡山理事(元関脇・多賀竜)と立川審判委員(元関脇・土佐ノ海)が東京都墨田区の時津風部屋に派遣され、昇進を伝達した。師匠の時津風親方(元前頭・時津海)は急性膵炎(すいえん)のため29日から入院しており、正代は師匠代理の枝川親方(元前頭・蒼樹山)らと共に出迎え、緊張しながらも堂々と口上を述べた。

 記者会見した正代は「とりあえずホッとしている。かまずに、止まらずに言えた。まずまずです」と振り返った。「至誠一貫」は「最後まで誠意を貫き通すこと」という意味があり、後援者から授けられたという。

 正代は「こうなりたい、こういうふうに生きたいという気持ちを込めた。相撲道に対して誠実さを最後まで貫き通すと決めた」と述べ、「負けられない地位。いろんな責任も伴うと思う。今まで以上に精進していきたい」と決意を語った。

 東京農業大で学生横綱になった正代は2014年春場所で初土俵。この秋場所で13勝2敗の成績を残し、初優勝した。新大関の誕生は3月の春場所後の朝乃山以来。熊本県出身では1962年夏場所後の栃光以来58年ぶり。【村社拓信】

至誠一貫(しせいいっかん)

 「至誠」は「きわめて誠実なこと。まごころ」の意味。中国の古典「孟子」に「至誠にして動かざる者は、いまだこれ有らざるなり」とある。「至誠一貫」は「最後まで誠意を貫き通すこと」の意味になる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです