メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

湯原祐希さん

 ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝は30日、チームのFWコーチで元日本代表フッカーの湯原祐希(ゆはら・ひろき)さんが29日に死去したと発表した。36歳だった。

 東芝によると、湯原さんは29日朝、東京都府中市にあるチームのクラブハウスで、自らのトレーニングのため自転車型マシンをこいでいる時に倒れた。チーム関係者が119番通報し、病院に救急搬送された。28日も普段と変わらない様子で選手を指導していたという。

 湯原さんは千葉・流通経大柏高、流通経大を経て2006年に東芝入り。173センチと小柄ながら豊富な運動量を誇り、日本代表でテストマッチ(国・地域代表戦)通算22試合に出場。ワールドカップ日本代表にも11、15年と2大会連続で選ばれた。19年からアシスタントコーチを兼務し、今春、現役を引退していた。【谷口拓未】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです