特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Together

メンタルトレーナー転身の「元なでしこ」後藤史さん きっかけは3.11直後の「ハグ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
後藤史さん(右端)の出前授業を受ける生徒たち=三重県紀北町の町立三船中で2019年3月14日、下村恵美撮影
後藤史さん(右端)の出前授業を受ける生徒たち=三重県紀北町の町立三船中で2019年3月14日、下村恵美撮影

 東京パラリンピックに開催国枠で初出場する視覚障害者らによる5人制サッカー(ブラインドサッカー)日本代表のメンタルトレーナーを務める後藤史(ふみ)さん(33)は、元なでしこリーガーだ。スペインでのプレー経験もある彼女が裏方に転身した理由とは。【高橋秀明】

 9月3日、ブラインドサッカー日本代表の活動報告がオンラインで行われた。新型コロナウイルスの感染防止のため、3月から活動を休止していたが、6月に活動を再開。8月には感染症対策を徹底しながら東京大会本番を想定したシミュレーション合宿を行うなど準備を進めている。その過程で選手をメンタル面から支えたのが後藤さんだ。

 後藤さんは自粛期間中にも選手と無料通信アプリ「LINE」や電話でコミュニケーションを取った。選手たちには「まずは自分の自然な感情をいいとか悪いとか評価せず、そのまましっかりとキャッチしてください」と語りかけた。「今、不安を感じているのに『不安はよくない、強気!』といった無理やりな根拠のないプラス思考で感情にふたをするのではなく、不安な感情をしっかりと受け止めた上で、何ができるか準備や対処法を考え…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1602文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集