特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JR東海が快勝 三菱重工名古屋は敗退決定 都市対抗東海2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」
社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は30日、愛知県の岡崎市民球場で第6代表決定トーナメント1回戦があり、JR東海が3―0で三菱重工名古屋を降した。三菱重工名古屋は予選敗退。

 永和商事ウイングは3―2で王子に逆転サヨナラ勝ちした。永和商事ウイングは10月1日の同2回戦でJR東海と対戦する。王子は予選敗退が決まった。

 予選敗退の決まった三菱重工名古屋は、このチームとして最後の公式戦となった。三菱重工業は全国に四つある野球部を、来季から兵庫県の神戸・高砂と横浜の2カ所に再編することを今年3月に発表していた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文528文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい