特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

「会社にもう一度野球部を」逆転劇決めた永和商事ウイング・築地の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【王子-永和商事ウイング】サヨナラ勝ちし、喜ぶ永和商事ウイングの選手ら=愛知県の岡崎市民球場で2020年9月30日午後3時31分、森野俊撮影
【王子-永和商事ウイング】サヨナラ勝ちし、喜ぶ永和商事ウイングの選手ら=愛知県の岡崎市民球場で2020年9月30日午後3時31分、森野俊撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は30日、愛知県の岡崎市民球場で第6代表決定トーナメント1回戦があり、永和商事ウイングが3―2で王子に逆転サヨナラ勝ちした。

今季限りで休部…4番、土壇場の粘り

 「会社に『もう一度野球部を作りたい』と思ってもらえる、そんな試合をしたい」

 今季限りでの休部が決まっている永和商事ウイングの4番・築地謙大の強い思いが、土壇場での逆転劇を引き出した。

 1点を追う九回、連続長短打で同点に追いつき、なおも無死二、三塁。「何でもいいから、バットに当たってくれ」。築地が祈るように低めの直球にバットを出すと、打球は中前へと抜けた。人生初のサヨナラ打に走りながら何度も拳を突き上げた。

 創部した2011年…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文656文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい