メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正代の大関昇進「急いだ」背景 親方衆に「もう1場所見てからでも」の声も

大関昇進の伝達を受け、記念撮影する正代(最前列中央)と時津風部屋の枝川親方(同左から2人目)、日本相撲協会の鏡山理事(同右端)、父・巌さん(前から2列目の左から4人目)、母・理恵さん(同5人目)ら=東京都墨田区の時津風部屋で2020年9月30日(代表撮影)

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇・正代(28)=本名・正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一致で決めた。新大関の誕生は3月の春場所後の朝乃山以来。熊本県出身では1962年夏場所後の栃光以来58年ぶりとなった。

 秋場所での正代の力強さを見れば、両横綱不在とはいえ実力でつかんだ初優勝に、大関昇進にも異論はない。伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「ここ5場所は安定している。前に出る相撲を取っているし大関にふさわしい」と評価した。

 ただ、正代にとって秋場…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです