メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

借地の家 相続はどうすれば?

 Q 借地の家 相続はどうすれば?

 私の父は借地に家を建てて住んでいますが、調べてみると借地権が登記されていないことがわかりました。このままで大丈夫でしょうか。将来、相続が発生した際はどのような手続きが必要ですか。(男性、60代)

 A 建物の所有権登記はあるものの、土地の借地権の登記が見当たらないというご相談です。借地権には、必ず登記しなければならない地上権、必ずしも登記を必要としない賃借権があり、賃借権は登記されないことが一般的です。

 ご相談のケースはおそらく賃借権だと思われますが、ご安心ください。賃借権が登記されていない場合でも、代わりにその借地に建つ建物が登記されていれば第三者に土地の賃借権を対抗できます。仮に土地の持ち主が土地を売却して所有者が代わったとしても、賃借人名義の建物があればその土地を使う権利を新しい地主に主張できるのです。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです