トンネルじん肺第6陣訴訟 業者と和解成立 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トンネル工事でじん肺になったとして、東北3県の元作業員6人が元請けのゼネコン35社に損害賠償を求めたトンネルじん肺第6陣訴訟は30日、仙台地裁(中島基至裁判長)で和解した。原告弁護団によると、ゼネコン35社と、共同企業体に参加した17業者が、元作業員に約1400万円ずつ計約8400万円の和解金を支…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集