メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者に優しい街を 買い物代行サービス始動へ ふるさと納税で資金募る 秋田・元県職員70歳男性 /秋田

買い物代行サービス「買い物エール」を本格始動させる門間昭一さん=秋田市中通2のチャレンジオフィスあきたで2020年9月25日、川口峻撮影

 秋田市の門間昭一さん(70)が、重い荷物が運べない高齢者や新型コロナウイルスの影響で外出を控えた人などを対象にした買い物代行サービス「買い物エール」を10月に本格始動させる。県のふるさと納税を通じて運営資金を募っており、「高齢者に優しい街づくりの役に立ちたい」と意欲を見せている。【川口峻】

 サービスは乗用車を使い、1時間の買い物で1500円(税・交通費込み)。買い物に特化するため、家事代行と比べ低価格でサービスを提供できるという。配達エリアは当面の間、秋田市の一部に限られるが、利用は高齢者だけでなく妊娠や子育て、仕事で買い物に行けない人も想定し、事業の拡大も視野に入れている。

 門間さんは県職員を定年退職後、宮城県の民間企業で約7年勤務。「自分自身も元気に過ごすため」と今春、事業化に向けた計画を始めた。広告費などに充てるために現在支援を募っているのが、県のクラウドファンディング型ふるさと納税だ。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです