メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

映画「浅田家!」10月2日公開 初日舞台あいさつを生中継 /東京

[PR]

 <毎日新聞からのお知らせ>

 嵐の二宮和也さん主演の映画「浅田家!」(毎日新聞社など製作委員会)が10月2日、全国公開されます。コスプレして撮影した家族写真で、写真界の芥川賞といわれる「木村伊兵衛写真賞」を受けた写真家、浅田政志さんとその家族を描きました。涙と笑いたっぷりの感動作です。

 二宮さんが主人公の政志さんを演じたほか、政志さんの兄を妻夫木聡さん、母を風吹ジュンさん、父を平田満さんが、政志さんの幼なじみを黒木華さん、被災地で写真洗浄のボランティアを政志さんと一緒に行う青年を菅田将暉さんが演じます。

 政志さんは受賞後、全国各地の家族からの依頼を受けて、その家族の写真を撮り続けていました。東日本大震災の発生後は、津波で泥だらけになった写真を洗い、持ち主に渡す活動に加わりました。

 東京・六本木でこのほど行われた完成報告会には、主要キャストと中野量太監督、浅田政志さん本人が登場。二宮さんは「撮影前に実際の浅田家の皆さんにお会いすることができて、家族の空気感が見えた」と語り、「素晴らしい共演者の方々と芝居ができて、とてもぜいたくな時間だった」と振り返りました。妻夫木さんは二宮さんについて「感受性が豊かな方だと思っていたが、画面の中で羽ばたいていた。(俳優としての)瞬発力がすごかった」と絶賛。中野監督は「俳優の皆さんが想像を超える芝居で応えてくれた」と話し、「この作品を通じて東日本大震災を描けると思った。写真洗浄の話は(多くの人に)伝えなければいけないと強く感じた」と言葉に力を込めました。

     ◇

 10月2日の上映初日に行われる舞台あいさつを全国の映画館で生中継します。実施する映画館など詳細は公式サイト(https://www.asadake.jp/)で。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです