メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長岡の課題

2020市長選/上 行き詰まる災害弱者支援 「逃げ遅れゼロ」縦割りの壁 /新潟

水害を想定した8月の訓練で間仕切りを組み立て、避難所を開設する参加者=新潟県長岡市立関原小で2020年8月23日、新井敦撮影

 長岡市中心部を流れる信濃川左岸の日越地区で8月、大雨による洪水に備える避難訓練があった。日越地区は市のハザードマップで浸水が想定されており、浸水区域外の安全な関原地区まで逃げるという初めての内容だった。

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです