あすなろう鉄道、交通系ICカード導入 21年秋とこわか国体開催前の運用目指す /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 四日市あすなろう鉄道は、交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」を導入する。2021年9月開催予定の「三重とこわか国体」前の運用開始を目指す。15年4月に公有民営で再スタート後、黒字が続いていることから、乗客への還元として利便性向上のためICカードを採用する。新型コロナウイルスの対策として非接触型の改札システムに移行する狙いもある。あすなろ…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集