メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「動物愛護基金」設立へ 寄付金、目的外使用答弁巡り 和歌山市 /和歌山

 犬猫の殺処分ゼロを目指して和歌山市がインターネットで募った寄付金について、市側が目的外使用と受け取られる答弁をしていた問題で、市は30日、新たに「市動物愛護管理基金」を設けると発表した。

 基金の使用は犬猫の去勢や不妊手術と治療に限り、使途を明確にする。10月1日の市議会9月定例会最終日に条例案などを提案する。

 基金には、市が2018年に募った寄付金約2790万円のうち、手術のための器具や材料の購入費約1240万円を差し引いた約1540万円を充てる。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです