メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 泊まったら得々キャンペーン 県内施設利用、全員が対象 現金や宿泊券当たる! きょうから /和歌山

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んだ宿泊施設を利用してもらおうと、公益社団法人「県観光連盟」(和歌山市)は1日から、県内の宿泊施設を利用した人に抽選でプレゼントを贈る「『蘇(よみがえ)りの地、わかやま』宿泊得々キャンペーン」を開始する。

 県では、県民の県内宿泊を促進するために、9月末まで宿泊費の一部を割り引く「わかやまリフレッシュプラン」を実施。得々キャンペーンは観光促進の第二弾となる。

 同キャンペーンは、県内の宿泊施設を利用した全ての人が対象で、宿泊先で宿泊証明を受け取り応募する。月末締め切りで、毎月3人に現金10万円が当たるほか、毎月30人に県内宿泊施設のペア宿泊券などが当たるという。応募用紙は県観光連盟のホームページからダウンロードできる。各宿泊施設などでも入手可能で、県観光連盟に郵送で応募する。

 2021年2月末までの宿泊者が対象で、3月1日までの消印有効。問い合わせは同連盟(073・422・4631)。【木原真希】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 大阪で629人が新たに感染 過去3番目の多さ 新型コロナ

  5. 感染拡大「行政の責任が重い」40% ワクチン「期待」72% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです