メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮井さんがリサイタル 地元出身ピアニスト 来月1日 和歌山 /和歌山

和歌山市民会館で実施された宮井愛子さんの前回リサイタルの様子=2015年4月19日、宮井さん提供

 和歌山市出身のピアニスト、宮井愛子さんのリサイタル(毎日新聞和歌山支局など後援)が11月1日、和歌山市伝法橋南ノ丁の市民会館小ホールで開かれる。

 同館主催の地元出身演奏家シリーズ第11弾。2020年に生誕250周年となるベートーベンのピアノソナタ「テンペスト」や「月光」などを演奏する。宮井さんは「新型コロナウイルスとの生活に葛藤しながらも、音…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです