連載

木語

中国取材の経験が豊富な坂東賢治専門編集委員のコラム。

連載一覧

木語

モザイクか「るつぼ」か=坂東賢治

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <moku-go>

 米国は「人種のるつぼ」と形容されてきた。英国のユダヤ系作家、ザングウィルが20世紀初頭に発表した戯曲「メルティング・ポット(るつぼ)」が由来とされる。

 ユダヤ系ロシア移民の作曲家を主人公に描くラブストーリー。欧州で憎み合っていた人々が新大陸で同じ米国人として融合していくことを「るつぼ」と表現した。

 さまざまな金属から合金を作るイメージだろう。だが、実際には初期に入植した英国系の文化や習慣への同化を求められることが多かった。先住民やアフリカ系、アジア系は融合の対象でもなかった。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1021文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集