連載

発言

ニュースや社会問題について識者・専門家が論じる寄稿欄です。

連載一覧

発言

人の不幸に目を向ける時=河合祥一郎・日本シェイクスピア協会会長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 このたびシェークスピアの「リア王」(角川文庫、今月刊行)を新たに訳して発見があった。これまでどういうわけか読み飛ばしてしまっていたらしい、次のようなセリフの重要性に改めて気づいたのだ。まず、王としての権威を失って嵐の中で「風よ、吹け」と咆哮(ほうこう)するリア王は、その自然の厳しさにむち打たれながらこう述懐する。

 「ああ、わしはこれまで気づいてこなかった。虚栄よ、薬にしろ。惨めな者たちが感じているものをおまえも感じろ。そうして余分なものを振るい落として貧乏人に与えれば、天に正義を示すことになろう」

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1276文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集