メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第76期本因坊戦最終予選 大西研也四段-小県真樹九段 第4局の4

 今期の最終予選には大西研也と竜平、ふたりの大西が存在している。彼らは親子でも兄弟でもない。仲間は下の名前で呼び分けることが多いが、解説者は違った。「ボクのなかで『大西』は一人です。出会ったのは、2005年の『少年少女大会・小学生の部』の全国大会の準決勝。彼が小学4年生、ボクが5年生。大西は強かった。負けたことが悔しかったことは今も覚えています。彼は準優勝、ボクが4位でした。2年後…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです