メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

「カドヘリン」でカナダ・ガードナー国際賞 発見と発展、積み重ね 理化学研究所名誉研究員・竹市雅俊さん

これまでの研究を振り返る竹市雅俊・理化学研究所名誉研究員=神戸市中央区で8月24日、猪飼健史撮影

 <ピックアップ>

 医学分野で顕著な発見をした科学者を表彰するカナダ・ガードナー国際賞で、2020年の受賞者に選ばれた理化学研究所名誉研究員、竹市雅俊さん(76)が毎日新聞の取材に応じた。生物の細胞同士をくっつける細胞接着分子のたんぱく質「カドヘリン」を発見した功績が認められ、「予期していなかったが、うれしい」と喜んだ。自ら「ライフワーク」と称するカドヘリンの研究人生について話を聞いた。

 愛知県出身。幼い時から虫や野鳥の観察に夢中になった。昆虫の図鑑や自然に関する書物を愛読し、著者の肩書が「理学博士」と書いてあるのを見て研究者に憧れを抱いた。

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです