特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

日本学術会議 梶田隆章・東大教授を新会長に選出 2015年ノーベル物理学賞受賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本学術会議の新会長に選出された梶田隆章・東京大卓越教授=東京都港区の日本学術会議事務局で2020年10月1日、池田知広撮影
日本学術会議の新会長に選出された梶田隆章・東京大卓越教授=東京都港区の日本学術会議事務局で2020年10月1日、池田知広撮影

 日本学術会議は1日に開いた総会で、2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章・東京大卓越教授(61)を新会長に選出した。山極寿一前会長の任期満了に伴うもので、任期は23年9月末まで3年間。梶田氏は以前から基礎研究の重要性を指摘し、経済成長につながる研究に重点投資する「選択と集中」に異を唱えてき…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集