リフト使って「天空米」 新潟・南魚沼のスキー場で天日干し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スキー場のリフトで天日干しする「天空米」=新潟県南魚沼市石打の石打丸山スキー場で2020年9月29日午前11時26分、板鼻幸雄撮影
スキー場のリフトで天日干しする「天空米」=新潟県南魚沼市石打の石打丸山スキー場で2020年9月29日午前11時26分、板鼻幸雄撮影

 刈り取った稲をスキー場のリフトに乗せて天日干しする「天空米」が新潟県南魚沼市石打の石打丸山スキー場で生産されている。スキー場関連事業を企画運営するJLC(南魚沼市石打)が2004年から同市大沢の農家と契約し、生産・販売している。

 長さ約400メートル、2基のリフトに、刈りたてで田んぼから運ばれてき…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

あわせて読みたい

ニュース特集