メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証、2日から再開へ 宮原社長「原因究明し責任明確化を」 システム障害

システム障害による終日売買停止について謝罪する東京証券取引所の宮原幸一郎社長(中央)ら=東京都中央区で2020年10月1日午後4時半、宮間俊樹撮影

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は1日、システム障害の発生により全銘柄の株式売買を終日停止した。東証が売買を終日停止するのは初めてで、世界有数の証券取引所が停止する異例の事態に至った。同じシステムを使う札幌、名古屋、福岡の各証券取引所も同様に停止した。東証は機器の故障が原因で、バックアップのシステムも作動しなかったと説明。国の基幹インフラの脆弱(ぜいじゃく)さが浮き彫りになった。2日朝から通常通り取引を再開する予定。

 東証の宮原幸一郎社長は1日開いた記者会見で「多くの市場関係者、投資家に多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです