メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メルケルの歩み

「私が生きているうちはダメ!」言い切ったけど…コロナ禍で方針転換 変化いとわず

コロナ拡大を受けて再び規制強化策を打ち出したメルケル(中央)=ベルリンで2020年9月29日、AP

 今年7月、ドイツの首相アンゲラ・メルケル(66)の「方針転換」が話題になった。新型コロナウイルスによる危機からの経済再生を目指し、欧州連合(EU)が共同債発行による復興基金を創設することに同意したのだ。財政規律を重視するメルケルは従来、他国の借金を肩代わりするような共同債に反対してきた経緯があり、2012年には「共同債なんて私が生きている間はない」とまで言い切った。だがメルケルが言う「第二次大戦後、最大の試練」となったコロナ禍を前に姿勢を変えた。

 「彼女には際立ったイデオロギーはありません。そ…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1135文字)

念佛明奈

1980年生まれ。振り出しは盛岡支局。政治部、大阪社会部、外信部を経て19年4月からベルリン支局。夫と長男の3人暮らし。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです