メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療死守へ奮闘 やぶ医者大賞・長野の中井さん インフル同時流行に備え

感染防止のため「ドライブスルー会計」を続けていると説明する小谷村診療所の中井和男所長=長野県小谷村中小谷で2020年9月8日午後4時23分、林田七恵撮影

 新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行した場合、医療過疎地はどうしたらいいのか――。地域医療への貢献をたたえる今年の「やぶ医者大賞」に選ばれた長野県小谷村ただ一人の医師、中井和男さん(50)に、へき地ならではのコロナ禍の課題を尋ねた。【林田七恵】

 人口3000弱の小谷村唯一の医療機関、小谷村診療所の所長を2011年から務める中井さん。専門医研修を受け入れることもあるが、原則、日々の診察から学校医、デイサービスセンターの所長まで村の医療に関わる全てを一手に引き受ける。バスの運行やインフルエンザの流行度合いによって、1日に診る人数は10~70人。北端部での巡回診療や、診療所に通えない患者の往診も手掛ける。

 その中で全国に広がった新型コロナ。診療所では患者の受け付けを駐車場に止めた車内で行い、会計をドライブスルー方式に変更。かかりつけ患者の薬を電話で処方する「電話再診」も導入した。幸い近辺では感染が広がらず、中井さんは「高齢者の受診控えも起きず、病気への恐れから生活を壊している人はいなさそう」と安堵(あんど)する。

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです